洋服をお店で買うときと通販で買うときの違い

店舗購入と通販それぞれのメリットデメリットを見て見よう

店舗購入のメリットとデメリット

ますは、店舗での購入についてメリットとデメリットについてお話します。

メリットはやはり洋服にも人間にも生で触れることができるということですね。
気に入った洋服が見つかったら試着が出来ますし、気になることがあったら店員さんに聞くことが出来ます。
これは通販では味わえない店舗購入の醍醐味ですね。

その反対のデメリットは、お店に行くときに人ごみに行かないといけないというのが挙げられます。
人ごみに行くだけで疲れてしまいますし、季節によっては何か病気をもらってしまうかもしれない恐れがあります。
また、店員さんに構われるのが嫌だという人もいます。

こうしてみると、メリットデメリットともに人間に関する内容が出てきますね。

通販購入のメリットとデメリット

続いては、通販のメリットとデメリットについてお書きします。

最大のメリットはお店に行かなくても、どこに居ても買い物が出来るということです。
わざわざ大変な思いをして買い物をしなくていいということです。
そして人の目と気にしなくていいというのも挙げられます。
店員さんや他のお客さんの存在が気になって買い物に集中出来ないという人は通販の方がおすすめです。

デメリットは現物を見るのが手元に届くときだということです。
どういうことなのかというと、サイズが本当に合うのかどうか不安になったときに試着することで出来ません。
また、気に入らなかったなどの理由で返品するときは、わざわざ箱につめたりして郵送しないといけないので結構面倒なことになります。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ